お使いのブラウザはサポートされていません。
すべての機能をご利用いただくには、推奨ブラウザをご使用ください。

HANDI FORM

発泡ウレタン断熱材 ハンディフォーム

HANDI FORM

発泡ウレタン断熱材ハンディフォーム

高断熱で結露対策にも最適

ハンディフォームは新築現場でもリフォーム現場でも現場を選ばず簡単に吹付でき、 専用機材やメンテナンスが不要な中型ボンベの断熱材です。
断熱施工に使用する発泡ウレタン『ハンディフォーム』は、 業界団体よりノンホルムアルデヒド製品(F☆☆☆☆)の認定を受けており、 揮発性有機化合物(VOC)を含んでいないため、シックハウス症候群の心配がありません。

INFORMATON

商品情報

2液性簡易発泡硬質ウレタンフォーム『ハンディフォーム』は、極めて高い断熱性・気密性を発揮します。
天井面も含めた面吹付、隙間充填、空間注入が可能で、液吐出後すぐに発泡して、独立気泡構造の緻密(ちみつ)なセルを形成します。
わずか2~5分で硬化するため、作業性にも優れた断熱材です。

発泡ウレタン断熱材 ハンディフォーム
梱包サイズ W390xD240xH400mm
内容量 13.6kg
施工面積の目安 ・20mm厚で約19.4㎡
・30mm厚で約12.9㎡
・50mm厚で約 7.8㎡
発泡ガス HFO-1234ze
発泡倍率 4~6倍
熱伝導率 0.0237W/(m・K)
ホルムアルデヒド放散量区分 F☆☆☆☆

HANDI FORM

施工箇所例

屋根断熱

壁断熱

床下断熱

HANDI FORM

ボンベ用ヒーター

ウレタンフォームの2液混合時の適正温度は24~29℃です。
寒冷期には、液温度が適温範囲を下回り、ボンベ内の圧力が低下するため2液が均等に混合せず、良質なフォームが形成されなくなります。
そのため、寒冷期の作業では、液温度を適温範囲まで上昇させるボンベ用ヒーターのご使用をお勧めしております。
ボンベ用ヒーターは、サーモスタット機能も備えており、温まり過ぎることもなく安全で、楽に作業をこなすことができます。

■ボンベの廃棄方法に関するご注意

使用済みのボンベの廃棄方法は、ノズルをガンから取り外して、A液・B液と発泡ガスをすべてボンベから排出します。完全に排出した後、ボンベからガン付ホースを取り外して、バールなどでボンベに穴をあけ、専門の産廃業者へ産業廃棄物として廃棄をご依頼してください。
なお、産廃業者によって引取条件が異なる場合がありますので、事前にご依頼する業者へ廃棄方法を確認しておくとトラブル防止になります。
ご希望の方には、専門の産廃業者のご案内もしております。

カタログを見る

CASE

施工例

施工事例を見る

MOVIE

施工動画