クリーンバリヤのよくある質問
質問 ■クリーンバリヤは、どういう工事なんですか?
答え 住宅の基礎内部の土壌面(土・コンクリート面)に特殊な樹脂を吹き付け、厚い膜を作り、湿気を止め シロアリの侵入を防止する工事です。
質問 ■基礎内部というと一階の床の下ですよね、では工事は床・畳を全部上げないと出来ないのですか?
答え いいえ、進入口(床下収納口・畳下)があれば、そこから入って全域に工事可能です。
質問 ■工事はどの位かかりますか?
答え 住宅構造と廃材撤去の量にもよりますが・・10坪で約1日間、20坪で約2日間、30坪で約3日間で工事完了いたします。
質問 ■廃材撤去の量によって工事期間が違うということですが、そんなに沢山廃材が出るのですか?
答え はい。新築工事の際にでる廃材やリフォーム時に発生した廃材等の搬出によって時間が左右されます。
質問 ■特殊な樹脂を吹き付けるという事ですが・・どんな樹脂なんですか?
答え 主剤はエマルジョン樹脂で硬化剤はウレタン樹脂で、この2液を混合し吹き付けます。
質問 ■シロアリはどうやってくいとめるのですか?薬剤を撒くのですか?
答え 従来のシロアリ防除と違い、クリーンバリヤの皮膜の中に薬剤成分を入れ、皮膜に固定させてしまいます。
質問 ■では土の中に薬剤が染み込んだり、薬剤臭が部屋の中にする事はないのですか?
答え はい、薬剤は皮膜中に固定されますので、その心配はありません。よって環境汚染の心配がありません。
質問 ■皮膜は、どの位で固まるのですか?
答え 散布後に皮膜の硬化が始まりまして(2~3分後)には造膜が終わります。皮膜のうえに乗れるぐらい安定するには6ヶ月くらいかかります。土壌面の含水率(湿り具合)によって、固まる時間は増減いたします。
質問 ■工事中は臭いがしますか? また工事が終わってからの臭いはどうでしょうか?
答え 工事中は若干の樹脂の臭いがしますが、進入口の付近のみです。また工事終了後は、進入口を塞ぎますし、臭いの心配はありません。
質問 ■床下に水が溜まっているのですが、工事は可能でしょうか?
答え 溜まっている水を撤去すれば可能ですが、水が湧いている場合は不可能です。
質問 ■クリーンバリヤの皮膜は燃えるのでしょうか?
答え 散布された皮膜は、土壌表面と一体化される為、自燃性はありません。
質問 ■クリーンバリヤは、公に認められた工事ですか?
答え はい、公益社団法人日本しろあり対策協会におきまして、認定第20号を取得しており、世界特許を7件取得しております。
質問 ■そのシロアリ対策協会は、どういう団体なんですか?
答え 国土交通省の認可団体で木造住宅の高耐久化を目指し、木材をしろありから守る為の防除の為の調査や被害や薬剤の認定しろあり防除士の認定、関係各仕様書の作成等、公益法人としての活動をしている団体です。
質問 ■クリーンバリヤでの工事で、重要文化財はあるんですか?
答え はい、佐賀県の吉野ケ里遺跡を始めとして熊本城、大阪城と施工実績がございます。
質問 ■皮膜はどのくらい持ちますか?
答え 施工に問題なければ、皮膜性状は10年ぐらいは持ちます。