ブログ

今年も「リフォーム産業フェア2016」へ出展します!

日本衛生センターは、昨年に引き続き、リフォーム産業フェアへ出展いたします!!

リフォーム産業フェアは、リフォーム産業新聞社が1998年より開催しているプロユーザー向けの展示会です。

弊社ブースは、特設ステージのすぐ横、D2ゾーンに出展しています。

当日は、ブース内に住宅床下を再現した本格的なデモンストレーションセットをご用意し、
ウレタン断熱材『ハンディフォーム』や、防湿・防蟻工法『クリーンバリヤ』など、
誰でも分かりやすく!おもしろく!改修工事を体験できますので、ふるってご参加ください。

以下のバナーよりリフォーム産業フェアのサイトが表示されます。

 

 

※リフォーム産業フェア出展ブース配置図は、こちら!(PDF)

 

開催概要

名称: リフォーム産業フェア2016 リノベーションフェア2016 中古住宅フェア2016 工務店フェア2016
開催日時: 2016年7月12日(火)・7月13日(水) AM10:00~PM5:00
開催会場: 東京ビッグサイト 東1ホール
入場料金: 無料
出展品目: 住宅設備・建材、営業・業務管理サポート商品/サービス
主催: 株式会社リフォーム産業新聞社
東京都中央区銀座8-11-1 TEL:03-6252-3450 FAX:03-6252-3461
http://www.the-bars.com/

皆様のご来場、心よりお待ちしております!

『羽アリの見分け方』をまとめてました!

冬の寒さもほころんできた今日この頃。
いよいよ、羽アリが飛来するシーズンが始まります!
そこで、今回はシーズンの本番前に簡単な羽アリの見分け方を解説します。

まずは、基本的な「シロアリとクロアリの違い」です。

羽アリのシロアリとクロアリの相違点

羽アリのシロアリとクロアリの相違点

上図のように、大きな特徴は3つ!
触角の形、羽の大きさ、胴体の形で見分けられます。
庭に飛んできた羽アリがシロアリだったら、一刻も早い調査をお勧めします!

 

次に、シロアリの種類です。
日本在来種で駆除が必要なシロアリは、大きく分けて
ヤマトシロアリとイエシロアリがいます。

ヤマトシロアリ羽アリ

ヤマトシロアリ羽アリ

イエシロアリ羽アリ

イエシロアリ羽アリ

 

ヤマトシロアリ(写真左)は、北海道の北部を除きほぼ日本全土に生息しています。
羽アリは、首元と足先が黄色く、他の部分は黒褐色をしています。

一方、イエシロアリ(写真右)は、千葉県以西の海岸線に沿った暖かい地域、南西諸島、小笠原諸島に生息しています。
羽アリは、全体的に黄褐色(頭部は暗褐色)をしています。

 

ヤマトシロアリとイエシロアリの違いは、 群飛する時期や時間帯によっても判別することができます。

羽アリの群飛時期・時間の違い

羽アリの群飛時期・時間の違い

 

このように、羽アリは色や形、飛んでいる時期や時間帯によって
何の羽アリなのか簡単に見分けることができます。

重要なことは、シロアリの羽アリを見つけた時に迅速な調査や防蟻工事を行うことです!
それが大切な住まいを守ることに繋がります!

無料の『チラシ制作代行サービス』を始めました!

弊社では、お忙しい業者様に代わって、無料でA4版のチラシのデータを制作するサービスを始めました!ぜひ、営業用の資料等にご活用ください!

 

チラシ制作代行サービス説明図

チラシ制作代行サービス説明図

 

チラシは、①「床下点検」、②「クリーンバリヤ」、③「タックダイン」、④「ハンディフォーム」の全4種類をご用意いたしました。

 

※写真をクリックすると拡大表示されます。

①床下点検チラシ見本

①床下点検チラシ見本

②クリーンバリヤチラシ見本

②クリーンバリヤチラシ見本

 

③タックダインチラシ見本

③タックダインチラシ見本

④ハンディフォームチラシ見本

④ハンディフォームチラシ見本

 


※『チラシ制作代行サービス』の詳細につきましては、こちら(PDF)をご覧ください。
※『チラシ制作代行サービス』の御申込書は、こちら(PDF)から印刷できます。

基礎補強・補修『タックダイン』のカタログが新しくなりました!

『タックダイン』のカタログが、デザインを一新しました。
タックダインシリーズの商品紹介や施工手順、施工例、試験データなどが、写真と図版で分かりやすく解説してあります。ぜひ、ご覧ください。

 

※写真をクリックすると拡大表示されます。

タックダインカタログ表紙

表紙

タックダインカタログ1ページ

1ページ

 

タックダインカタログ2ページ

2ページ

タックダインカタログ3ページ

3ページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※『タックダイン』のカタログのご請求は、お気軽に弊社までお問い合わせください。

コンクリート用撥水・防水剤『ハイドロ・スカイ』を実験してみました!

『ハイドロ・スカイ』をブロック塀に塗って、散水実験を行ったところ、驚きの結果が!!

SKY-SP塗布

SKY-SP塗布

初めに中性化抑止剤SKY-SPでプライマー処理をします。

SKY-GS塗布

SKY-GS塗布

プライマーに重ねて、保護防水剤SKY-GS(又はSKY-MX)を塗布します。

 

充分に乾燥させてから、ブロック塀に散水すると・・・

ハイドロ・スカイ散水実験

ハイドロ・スカイ散水実験

 

写真のように、ハイドロ・スカイを塗布したブロックと、無処理のブロックに歴然の差が現れました!
無処理のブロックは水分を吸収して湿っているのに対して、塗布したブロックは水を弾いて、ほとんど水分を内部へ浸透させませんでした。

ハイドロ・スカイは、基礎の撥水・防水処理は勿論、様々な状況下でのコンクリート構造物の耐久性向上に期待されます!