株式会社日本衛生センター

[鹿児島縣護國神社]シロアリ防除工事

『鹿児島縣護國神社』でシロアリ防除工事を行いました!

鹿児島縣護國神社』は、明治維新以降の国事に殉じた鹿児島県出身の英霊や、殉職した自衛官、警察官、消防士を祀った神社です。
鹿児島県では照国神社と並ぶ「お宮参り」で有名な神社で、除夜祭や御神火大祓、歳旦祭など年間を通じて様々な行事が行われ、地元の憩いの場として親しまれています。

『鹿児島縣護國神社』境内

『鹿児島縣護國神社』境内

当社鹿児島支社では、この度『鹿児島縣護國神社』よりシロアリ防除工事のご依頼を承り、同神社斎館および境内立木の防蟻工事を実施しました。

工事前に参拝

工事前に参拝

本殿の防蟻工事

本殿の防蟻工事

 

 

 

 

 

 

 

床下での木部処理工事

床下での木部処理工事

外回りの木部にも防蟻薬剤を散布

外回りの木部にも防蟻薬剤を散布

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本衛生センターは、今後も継続して『鹿児島縣護國神社』のシロアリ防除工事を請け負う予定です。

[消臭剤]グレートクリーン CL50新発売!7月には天然アルカリイオン水も販売予定。

  • 弊社では、この度、消臭剤『グレートクリーンCL50』の販売を開始いたしました。

『グレートクリーンCL50』は、安定化二酸化塩素を主成分とする消臭剤です。安定化二酸化塩素は、塩素系殺菌剤の特徴である酸化作用により、無臭無菌化状態にすることができる安定化した塩素系殺菌剤で、今では広くウィルス対策の殺菌剤としても使用されています。

当初、医薬部外品認定を取得予定でしたが、消臭剤として販売することになりました。

グレートクリーンCL50

※『グレートクリーンCL50』の詳細は、こちらへ。

 

  • ミネラルウォーター事業部の新設に伴い、本年7月1日から、アルカリイオン水『吉田岩清水』も販売開始予定となっております。

『吉田岩清水』は、pH値8.8の天然アルカリイオン水になります。

鹿児島のシラス台地が育んだミネラル豊富な『吉田岩清水』の販売開始まで、しばしお待ちください。

桜島イメージ

 

日本衛生センターでは、従来の住環境改善商品だけではなく、皆様の身体の健康をお守りする商品も多数ご提案いたしております。 

新型コロナウイルス殺菌消毒工事のご案内

弊社では、この度、新型コロナウイルス殺菌消毒工事を提供することとなりました。

日本衛生センターは、既存の白蟻消毒に加え、東日本大震災や2019年秋の台風19号での家屋浸水による感染症予防の衛生消毒業務を行ってまいりました。その経験と知識を活かし、今回の新型コロナウイルスの殺菌消毒工事を手掛けております。

新型コロナウィルス殺菌消毒イメージ

 

弊社では、殺菌消毒工事を実施した施設や場所に対して『殺菌消毒工事実施済 証明書』を発行しております。“安心・安全な施設”であることがひと目でPRでき、お客様や訪問者の方々が安心して施設をご利用いただけます。

殺菌消毒作業実施済証明書

殺菌消毒作業実施済証明書

 

また、殺菌消毒工事は、原則的に厚生労働省が提唱する「感染症法に基づく消毒・滅菌の手引」のガイドラインを仕様としております。

清拭による殺菌消毒

清拭による殺菌消毒

清拭による殺菌消毒

清拭による殺菌消毒

 

 

 

 

 

 

 

次亜塩素酸ナトリウム剤の散布消毒

次亜塩素酸ナトリウム剤の散布消毒

ミスト機による空間除菌消毒

ミスト機による空間除菌消毒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①アルコール70%以上(または次亜塩素酸ナトリウム剤)による清拭消毒
②次亜塩素酸ナトリウム剤の散布消毒
③ミスト機による空間除菌消毒

 

※『新型コロナウイルス 殺菌消毒工事』の詳細は、こちらへ。

感染者が発生した現場での殺菌消毒・予防目的とした殺菌消毒に関わらず、消毒工事が必要な方は下記連絡先までご一報ください。 

 

【株式会社日本衛生センター 東京営業部】

 TEL:042-576-0110

 FAX:042-572-2142

 E-mail:tky-eigyo@nippon-ec.com

新型コロナウイルス感染拡大に伴う弊社対応方針および営業について

弊社では、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、お客様、従業員およびその家族、関係者の皆様の安全確保及び安定的な事業継続の為、以下の取組を実施しています。

①従業員へのヘルスチェック
②マスクの着用・アルコール消毒・手洗い・うがいの徹底
③営業先及び営業調査先、施工現場での次亜塩素酸消毒の徹底
④時差出勤・車通勤の推奨

 

社内外の感染被害抑止と安全確保を最優先に社会情勢、感染拡大状況を考慮し、方針の延長、見直しを随時実施してまいります。

 

台風19号浸水被害に特報!衛生消毒&汚泥撤去請け負い開始!

令和元年台風第19号(アジア名:ハギビス/Hagibis)は、2019年10月6日3時にマリアナ諸島の東海上で発生し、同月12日に日本に上陸した台風で関東地方や甲信地方、東北地方などで記録的な豪雨災害となり、日本各地に甚大な被害をもたらしました。

台風イメージ

日本各地で多くの河川が決壊・氾濫

日本各地で多くの河川が決壊・氾濫

多くの住宅が床上・床下浸水の被害に合った

多くの住宅が床上・床下浸水の被害に合った

 

内閣府が発表(11月6日時点)した全国の住宅被害状況は下記の通りです。

    ・破損住宅数(棟)          ・浸水被害住宅数(棟)

全壊        1,767      床上浸水                33,237

半壊          6,505      床下浸水              36,596

一部破損        8,998   

破損住宅合計  17,270             浸水被害住宅合計   69,833      

総合計       87,103

 

未曾有の雨量と河川の決壊・氾濫によって8万7千棟を超える住宅が被害を受け
被災地域では現在もなお復旧作業が続いています。

浸水してしまった住宅の床下には、溢れ出た河川や下水道などからの汚泥が流入し、ウィルスや雑菌などが繁殖してしまっている可能性があります。ロタウィルスやノロウィルスなど生命の危機を脅かす危険な感染症予防の観念からも、浸水被害のあった住宅には衛生消毒工事の必要性があります。

そこで弊社では、今回の豪雨災害を受け、一刻も早い復旧への手助けになれますように
浸水被害のあった住宅の衛生消毒および汚泥撤去の工事を請け負うこととなりました。

 

床下に流入した汚泥にはウィルスや雑菌が繁殖している可能性も・・・

床下に流入した汚泥にはウィルスや雑菌が繁殖している可能性も・・・

 

ご自宅が被災してお困りの方、住宅復旧のご相談をお受けの業者様がいらっしゃいましたら、
ぜひ弊社までご一報いただきますようお願い申し上げます。

ご連絡先は、下記の通りです。

 

【株式会社日本衛生センター 東京営業部】

 TEL:042-576-0110

 FAX:042-572-2142

 E-mail:tky-eigyo@nippon-ec.com

営業部一同

1 2 3 10